いわゆる従軍慰安婦-「その時韓国の男性は抵抗しなかったのかね?」

解説:今では大部分の日本国民が嘘だったと気づいてきた韓国のいわゆる従軍慰安婦の問題ですが、 日韓合意も無視して慰安婦財団を解散したり、少女像は移転させないどころか逆に世界中で 少女像を建てたりしています。そもそも少女像自体が大きく事実を捻じ曲げています。慰安婦 の象徴のように少女像を世界中に建てまくろうとしている韓国ですが、当時の慰安婦に像のよう な年端も行かない少女はいません。

ですが、これを逆手にとっておもしろい反論が成り立ちます。 もしも韓国の言うとおり、当時朝鮮半島で日本軍が強制的に慰安婦狩りを行い、朝鮮人の女性を 無理やり連行していくという事案が朝鮮全土で発生したとしましょう。その場合、朝鮮の男性か らしてみたら、自分の妻・母親・きょうだい、そして少女像のような年端も行かない娘が日本軍 によって目の前で連れて行かれたことになります。当時の朝鮮の男性はこれを黙って見ていたの ですか?ということです。韓国の主張に忠実に考えると目の前で泣き叫んでいる自分の大切な女性 に対して、朝鮮の男性諸君は何も抵抗しなかったということになります。

しかし、現実に日本軍に 抵抗したという事件はありません。朝鮮の男性がこんな薄情だったわけがありません。現に当時は 同じ日本国でしたので、日本兵として朝鮮の家族を守るために戦って散っていった立派な軍人が 何人もいるのです。そうした立派な方々を貶めることになっていることを早く韓国人には気づいて ほしいと思います。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です