「中国は宣伝戦によって、失政をごまかす気だな」-新型コロナウイルス

解説-新型コロナウイルスは中国の武漢で大量の感染者が出たことで、世界中に伝播していったのですが、ここにきて中国から、「武漢が発生源とは限らない」「アメリカがウイルスを持ち込んだ可能性がある」という発言が出てきています。

これに対して、トランプ大統領やポンペオ国務長官が激しく反発しています。トランプ大統領は新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と表現し、これに対して、中国側も激しく反発しており、アメリカ国内からも「差別を助長する」や「WHOの指針に反する」といった批判も出ています。

-中国に感謝すべき?

トランプ大統領の発言は、新型コロナに対する対応が上手くいっていないことを、中国に擦り付ける為だと言った報道が多くみられます。しかし、そんな単純な理由だけではないと考えます。

その理由は、中国が新型コロナに関して、宣伝戦を仕掛けている気配を強く感じるからです。最初に挙げた、「武漢が発生源とは限らない」という発言もそうですが、習国家主席が「病原がどこから来て、どこに向かったのか明らかにしなければならない」と訴える論文を3月16日発行の共産党理論誌に掲載しています。

実際に、人工知能やビックデータなどの新技術を駆使して、発生源を調べるように支持したというニュースも出てきています。明らかに中国は、新型コロナウイルスの発生を他国のせいにしようとする動きに出ています。

加えて、中国は経済活動の再開を指示し、武漢を除いては、全土で感染が収束しつつあるという宣伝を行っています。実際に中国が発表する武漢以外の都市での新規感染者は一桁台になっています。もちろん、中国が発表する数字は信用できませんが、中国は封じ込めに成功したというプロパガンダの意図を感じます。

そして、習国家主席はまだ封鎖が続いている武漢を訪問し、「武漢市民に感謝」という言葉を送っています。武漢の都市封鎖は成功したという宣伝に使う為の布石です。

実際に中国メディアは「世界は中国に感謝すべき」という冗談のような論説を発表しています。その中身は、「中国は巨大な経済的犠牲を払ってまで、都市封鎖や人の移動制限を行い、外国からの中国人の渡航制限にも報復せずに耐えた。その結果、世界が新型コロナウイルスと戦う為の時間を稼いだ。」という噴飯物の内容です。

そこには、初期対応の遅れや隠蔽体質によってウイルスを拡大させたことへの反省は微塵もなく、習主席の指導力によって、被害が抑えられたという正反対のストーリーが展開されています。

そして、WHOは欧州への拡大が進んだ2月13日にようやくパンデミック宣言を行い、「欧州が今や、パンデミックの震源地となった」と発言しています。実態はともかく、収束に向けて舵を切りたい中国政府の意向に沿った発言とタイミングです。

もはや、WHOが中国に従属した機関に成り下がっていることは周知の事実だと思いますが、WHOの発表が中国の責任回避に向けたシナリオの一部に利用されているように見えます。

-まとめ:中国の宣伝戦に騙されるな!

このような中国の動きを見てみると、トランプ大統領の「中国ウイルス」という呼び方にこだわる意味も、違った視点で見えてくるのではないでしょうか。トランプ大統領はこうした中国のプロパガンダに対抗する意味で、「中国ウイルス」と呼んでいる可能性があります。

これから、中国はもっと強く宣伝戦を推し進めてくるとみられます。中国の宣伝は要約すると「中国は他国から『人類の敵』である新型コロナウイルスを持ち込まれた。しかし、習主席の強力な指導力によって、封じ込めることに成功した。これにより、他国はウイルスと戦う為の準備の時間を得た。にもかかわらず、一部の国では感染が蔓延している。それほどやっかいな『人類の敵』と最初に対峙した国にも関わらず、これだけの被害で押さえたのは、初期対応が素晴らしく、中国共産党の指導が素晴らしかったことの証明だ。他国は中国を見習い、中国に感謝すべき」ということでしょう。

中国はWHOや「債務の罠」に掛かり中国の意向に逆らうことの出来ない諸外国を利用して、その宣伝を広げていくでしょう。私たち国民がそれに乗せられないようにしつつ、日本政府が、中国が繰り出す間違った宣伝を正していく動きをするように、監視していく必要があると思います。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です