原発の危険性-「福島第一原発は電源が喪失したからね。近くの女川原発は無事だったんだよ」

解説:東日本大震災の時に起きた福島の原発事故。連日テレビ中継が行われ、緊迫した現場の状況 と錯綜するニュースでとても怖い思いをしました。その後、数年を経て、一応事故は収束し、 現在は汚染水と廃炉が問題となっています。しかし、その事故の原因が何だったのかという 点は、多くの方が「地震と津波だろう」と漠然と思っているのではないでしょうか?

ここであまり知られていない事実を明かしますと、東北電力の女川原発は東日本大震災でも 何の被害も受けず、それどころか付近の住民の避難場所になっていたという事実です。 女川原発は福島第一原発と違い、高台に作ってありました。だからこそ、福島第一原発を 襲った津波とほぼ同じ14Mの津波が襲っても、被害を受けなかったのです。逆に福島第一 原発は津波によって、原子炉建屋自体の破壊は免れたものの、水の進入によって、全ての 電源が喪失し、冷却ができなくなったために、事故に至ったのです。

ここで問題なのが、なぜ非常用電源も含め、全ての電源が喪失したのかということです。 福島第一原発はアメリカの会社が作った原子炉で、工事もアメリカの会社にさせていた為、 アメリカと同じ感覚でハリケーン対策として非常用電源を地下に置いていたのです。 その結果、そこに津波の水が浸透してきて、全ての電源が失われたのです。ということは、 地震そのもので事故が起こったのではなく、非常用電源を屋上に置いておけば、事故はな かったといえるわけです。

もちろん、防潮堤の低さ等に問題はあったにしろ、工事まで アメリカの会社に丸投げして、その後の点検も怠った東京電力の危機管理の甘さが生んだ 事故と言えるのです。女川原発の事実を知っていれば、福島第一原発事故も違った見方 ができるのでは?


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です