GSOMIA破棄-「日本国民は核を持った反日半島国家と対峙する覚悟はできているのかねぇ」


解説-8月24日までに通告がなければ、1年間自動延長される予定だったGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を発表しました。日本が貿易管理上の優遇措置を撤廃することに対する対抗措置と見られていますが、私が前の記事で指摘していた通り、アメリカが韓国を見放したことが決定的となりました。

日本国民の多くが韓国に対する感情を悪化させていて、今回の韓国側の破棄についても、「日韓断交に向けて良い事」と捉えている人も多いようですが、本当に日韓断交が良いことなのか考えてみたいと思います。

-東アジアの安全保障の枠組み

私もいわゆる徴用工判決から始まり、レーダー照射、天皇陛下侮辱発言、旭日旗問題など、最近の韓国の反日行動には怒りしかありません。日本が韓国をホワイト国から外すことにも当然賛成です。感情的に言えば、話し合いにならないし、約束も守らない国と断交したい気持ちも分かります。

しかし、東アジアと太平洋の安全保障体制という枠組みで見ると、韓国が日本と断交し、北朝鮮と一緒になるということは、安全保障体制の激変に日本が対応していかなくてはならない未来が見えてきます。

現在、日本と韓国はいずれもアメリカと同盟関係にあり、アメリカを仲介とした準同盟関係にあります。これは対北朝鮮を想定したもので、戦後の東西冷戦時代の遺産とも言えます。

ドイツやベトナムでは統一が行われましたが、朝鮮半島ではいまだに対立が続いており、北朝鮮が核を持った先軍政治で韓国にも軍事的圧力を掛け続け、東アジアの脅威になっている以上、日米韓の連携によって、北朝鮮を封じ込めるというのが、いわゆる西側諸国の東アジアにおける安全保障の枠組みでした。

-アメリカの韓国への態度の変化

今回のGSOMIAの破棄はこの安全保障の枠組みが変わってしまうことの象徴的な転換点になると思います。文在寅大統領は明らかに親北朝鮮の思想を持った大統領で、就任直後から北朝鮮に対して好意を示し続けています。政策においても、対北朝鮮制裁に穴を開けるような瀬取り疑惑や開城工業団地の再開をアメリカに提案して却下されるなど、親北朝鮮で一貫しています。

そうした政策を取る中で同盟国であるアメリカにおいても、韓国に対する不信感が大きくなっていました。昨年の11月には在韓米軍がソウルのアメリカンスクールを閉鎖することを発表し、同じ昨年の6月には司令部をソウル中心部から約60キロ南方の平沢(ピョンテク)に移転させています。

その後も在韓米軍の駐留費用を5倍に引き上げることを要求したり、米韓首脳会談が2分で終了したりと、アメリカは韓国を冷遇する政策を取り続けています。この流れを見ると、アメリカは完全に米韓同盟の破棄を頭に入れていると思われます。

そもそも、韓国の存在価値は冷戦中は共産主義の防波堤であり、その後は北朝鮮との交渉のパイプ役でした。トランプ大統領が金正恩委員長と直接対話のチャンネルを開いた以上、韓国の存在価値は相対的に低くなるのは当然だったわけです。

それでも、米韓は同盟関係にあるわけですから、同じ価値観を共有し、共通の敵国に対して安全保障で連携していれば、今日のような韓国冷遇はなかったのでしょうが、文大統領が取ってきた政策は一緒に包囲網を作って制裁を掛けるべき敵国(北朝鮮)と一緒になりたいという政策ばかりでした。

そうであれば、アメリカが韓国と同盟を維持する理由がないどころか、軍事情報が敵側(北朝鮮)に渡る危険性まで出てくるのです。そのような状況の中で、先日8月15日の光復節の演説が行われました。この演説は文大統領が北朝鮮と韓国の統一について強い意志を示した演説でした。

-光復節の演説は安全保障の枠組みからの離脱宣言だった

光復節とは韓国国内では日本の植民地支配から開放されたとされる記念日です。日本では対日批判が控えめだったと報道された演説は中身を読むと、もっと重要な意思が含まれていました。

まず、演説では「共に豊かになる国」を目指すことが宣言されます。その例として、少年少女が起業したり、航海士になるといった例え話が出てきますが、この話の中に韓国と北朝鮮両方の都市の名前が出てきます。そして、「経済活動エリアが韓半島南部を越え、隣国と協力」することを夢としています。

次に、日本の過去に言及し、「先に成長を達成した国がその後を追って成長している国のハシゴを蹴り飛ばしてはいけません」と日本の輸出管理についても遠まわしに批判しています。そして、「誰も揺るがすことのできない国」を目指すとして、その方法として、「辺和により反映を実現する平和経済を構築し、統一によって独立を完成していきたい」としています。

北朝鮮に対して、「不満なところがあるとしても、対話ムードを壊したり、壁を立てて対話を妨げたりするのは決して望ましくありません」とし、具体的に「2032年にはソウルー平壌協同五輪」、「2045の光復100周年には平和と統一で一つになった国」を作ることを目標として提示しています。(朝鮮日報日本語版のHPより)

この演説により、文大統領は北朝鮮との統一することが韓国の進む道であることを示しました。「誰も揺るがすことの出来ない国」を北朝鮮との統一国家を作ることによって達成することを宣言したのです。そして、その為には北朝鮮に不満があってもとにかく対話が大事としています。これは国際社会で一致して北朝鮮に圧力を掛けている現状の枠組みから離脱する宣言と言えます。

このような宣言をした韓国をアメリカが見放すのは安全保障上、当然のことであり、だからこそ、先述のような韓国冷遇の政策が表に出てきているのです。行き着く先は、在韓米軍の撤退と米韓同盟の解消になるでしょう。だからこそ、GSOMIAの破棄もアメリカは一応止めましたが、以前のように強い圧力を掛けなかったと思われます。

まとめ:日韓断交は気持ちよいが、覚悟ができているのか?

今回の韓国のGSOMIA破棄をアメリカが止めなかったことで、日米韓の連携による安全保障体制は崩壊し、最終的には米韓同盟の解消に至ると思います。そうなれば、韓国は北朝鮮に何の制約もなく接近することが可能となり、まずは緩やかな連邦制の高麗連邦が成立し、その後は政治的にも経済的にも統一され、朝鮮半島が統一されるでしょう。

つまり、日本のすぐ隣に朝鮮半島に巨大な反日国家ができてしまうのです。しかも、アメリカが北朝鮮の核をアメリカ本土に届かない段階であれば認めるという妥協をしてしまえば、北朝鮮の核技術は引き継がれ、日本に届く核を持った反日半島国家と日本が対峙しなくてはならなくなるのです。38度線が対馬海峡まで降りてくる事態が迫っているのです。

GSOMIA破棄は日韓断交へ向けたレールに乗る行動であり、最近の反日姿勢の韓国に対する日本国民の不満と怒りから、韓国が日本を離れることを喜ぶことは十分に理解しますが、このような危険性があることまで、考えている人が多数派とは思えません。

当然、将来の核を持った反日半島国家と対峙するためには、日本の核武装の議論も必要でしょう。ホルムズ海峡への自衛隊派遣にすら過半数が反対し、憲法9条改正にも反対が多い中で、核武装の議論ができるでしょうか。

今回のGSOMIA破棄を感情的に喜ぶだけでなく、近い将来にこのような安全保障上の劇的な変化が起こる可能性があり、その際に日本が最前線に立たされる危険があるということも、私たち国民は考えていく必要があるのではないでしょうか。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です