韓国・天皇陛下謝罪発言-「華夷秩序丸出しで対等な立場で話をする気ないよね」

解説:韓国の文喜相国会議長が天皇陛下に対して、「戦争犯罪の主犯の息子」という侮辱的な表現で謝罪も求めた発言について、国会・日本政府はもちろん、一般国民からも強い反発が起きています。日韓合意の破棄から始まり、いわゆる徴用工判決、自衛隊機に対するレーダー照射事件に続いて、どこまで日本を挑発すれば気が済むのかという気がしますが、今回は韓国のみが使用する「日王」という表現について見ていきたいと思います。

華夷秩序にいまだに支配される韓国

華夷秩序とは中国の「皇帝」を頂点として、中国が優れた文化を持つ世界の中心(中華)で周辺は未開の野蛮人(夷)であるという考え方で、古代中国から続いてきた考え方です。具体的には中国の「皇帝」に対して周辺の国々が貢ぎ物(朝貢)をし、「皇帝」から王として認められるという冊封という形をとりました。この考え方は19世紀のアヘン戦争以降、崩壊していくことになります。

日本は聖徳太子が隋の煬帝に向けて『日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙なきや。』から始まる有名な手紙を送ることで、日本の天皇を「天子」とし、中国の「天子」と対等であることを示しました。これに煬帝は激怒するのですが、当時は日本海という天然の要塞が島国である日本に味方してくれたため(幕末は黒船により真逆になりますが)、激怒しながらも日本の華夷秩序からの離脱を実質的には認めざるを得ませんでした。

一方朝鮮半島は華夷秩序の上位に位置し、中国への朝貢を続けていくということを歴史上ずっと続けていました。これは、朝鮮が弱いのではなく、地政学上、中国という古代からの超大国と地上の国境線で接している国であれば、生き抜いていく処世術として仕方がなかったと思います。

この華夷秩序は19世紀のアヘン戦争以降、西洋の考え方が東アジアから入ってきて、国と国が対等であるという国際社会の原則が確立した今では崩壊した考え方です。しかし、韓国(根本では中国も)はこの華夷秩序の考え方から抜けておらず、日本よりも韓国のほうが秩序は上であると考えているのです。

日王と呼ぶのは韓国だけ

今回の問題発言でも天皇陛下のことを「日王」と呼び「天皇」と呼ばないのは「皇」という文字が華夷秩序の中では一番偉い中国の「皇帝」のみに使用が許された文字であるという意識があるためです。つまり、華夷秩序の中では韓国よりも下であるはずの日本が「天皇」という「皇」という文字を使っていることが許せないのです。

しかし、現実にはその中国でさえも「天皇」という呼称を使っています。国際社会では「天皇」は英語で「エンペラー」として浸透しており、「日王」と呼ぶことは英語で「キング」となり、格落ちの表現となります。公平のために、韓国も公式文書ではきちんと「天皇」と表現していることを記しておきます。しかし、国会議長が「日王」と言っている時点であまり言い訳にはならないと思いますが。

根底にあるのは韓国人の対人意識

国と国が対等であることは、人類が長い戦争の歴史を経てようやく確立させてきた現在の国際社会のルールです。天皇陛下を「日王」と呼ぶ韓国からは対等な関係というルールを守る意識が感じられず、いまだに関係を上下でしか見ない意識が背景にあると感じます。 そういう意識があるからこそ、下である日本に対してはレーダー照射問題や今回の国会議長の侮辱にしても、謝罪もしないといった態度に出てくるのではないでしょうか。このことは前回の記事でも考察したとおりです。

まとめ:韓国にとって日本は永遠に「下」の国である

今回の「日王」という呼称だけでなく、日本の東京オリンピック招致に反対したり、「日本海」を「東海」と言い換える活動をしていることを見ていると、韓国より「下」であるはずの日本が国際社会で認められることが気に入らないという意識があると思います。

だからこそ、「剣道」、「柔道」、「武士」、「茶道」などの日本が発祥で世界に認められている文化を韓国起源と主張してくるのです。韓国より「下」である日本発祥であるものは韓国にもあったはずで、今それがないのは秀吉や植民地時代に抹殺されたからだというストーリーを信じてしまう国民が多くいるのです。

このように、華夷秩序の意識は韓国の文化盗難にも繋がっている意識であり、このような視点から最近の問題を論評することは人とは違った見方と言えるのではないでしょうか。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です