米国・イラン・戦争-「戦争回避のウルトラCは自衛隊の基地をイラン国内に作ること」

-解説:アメリカとイランの関係が急速に悪化しており、戦争の危機が高まっています。最初はトランプ大統領がイラン核合意から一方的に離脱したことから始まり、イランの革命防衛隊をテロ組織に指定し、安倍総理の訪問中にホルムズ海峡でタンカーが何者かに攻撃され、イランはアメリカの無人偵察機が領空侵犯したとして偵察機を撃墜と急速に関係が悪化しています。

ホルムズ海峡でのタンカー攻撃では、アメリカは初期段階からイランが関与していると名指しし、証拠としてイラン軍がタンカーから不発弾を取り外している映像を公開しました。イラン側は全力でタンカーの船員を救助する為の安全確保の為だったと言っていますが、それなら何故その旨を事前にアメリカに通達しなかったのかという疑問が残ります。

アメリカは攻撃に使われた水雷がイラン製に酷似している新証拠も提示し、イラン犯人説は強まっています。その中でのアメリカ偵察機の撃墜は、もし領空侵犯していなければ、アメリカに対する直接の攻撃となり、一気に戦争に近づくでしょう。

何とか戦争を回避する方法はないのでしょうか。

-シーア派のイランには敵が多い

中東は非常に宗教が絡み非常に複雑ですが、特にイランは周囲に敵が多い国です。その最大の理由はイランがシーア派と呼ばれるイスラム教の少数宗派の国であることです。

イスラム教は偶像崇拝を禁止している宗教です。特にスンニ派はそれを厳格に守っており、だからこそスンニ派の過激派であるタリバンはバーミヤン大仏を偶像崇拝だとして破壊するのです。それに対して、同じイスラム教でもシーア派は偶像崇拝に寛容な部分があり、宗教指導者の肖像を飾ることも問題にされません。シーア派はイスラム教開祖のムハンマドと血がつながった人が宗教指導者になる宗派ですから、宗教指導者が崇拝の対象となります。

だからこそ、厳格なスンニ派はそれを偶像崇拝だとして許すことができないので、お互いに対立しているのです。しかも、比率で言えば、スンニ派が9に対してシーア派1の少数派です。イランは中東でスンニ派の国に囲まれているという状況が続いているのです。

-イランを潰したい国々

イランはイスラム教シーア派でサウジアラビアを中心とした同じイスラム教のスンニ派からだけでなく、ユダヤ教のイスラエルからも敵対視されています。そして、そのどちらの国の背後にもアメリカがいるのです。

イスラエルは言うまでもなく、アメリカの庇護下にある国家で、特にトランプ大統領になってからは、大使館のエルサレムに移転やゴラン高原のイスラエル主権を認める等、より関係が密になっています。

サウジアラビアはイラクがクウェートに侵攻した湾岸戦争以後、イラクの侵略を防ぐ目的もあり、アメリカ軍基地が国内に存在しています。もちろん、アメリカ側から見れば、サウジアラビアの石油利権を握っておきたいという意図があったでしょう。前オバマ政権は天敵のイランに対して融和姿勢をとった為、一時アメリカとの関係はギクシャクしましたが、現在は良好な関係に戻りつつあります。

-イラン側からの視点

このような現状をイラン側の視点から見ると、周りは敵に囲まれていて、唯一味方をしてくれそうな大国はロシアのみで、異宗教のハイテク国家の敵国イスラエルは公然の秘密として核兵器を持っており、同じイスラム教で宗派の違う中東の大国のサウジアラビアには世界最強のアメリカ軍の基地があるという状況です。

この状況では自力で核兵器を開発しないと国が存続できないと考えても仕方のないことかもしれません。イランから見て敵国のイスラエルもサウジアラビアも宗教と歴史が絡んでの敵対関係であるため、これを解消することは事実上不可能です。

そして、現在はその2カ国の背後にいたアメリカが直接圧迫を加えてきていますが、この圧迫に屈することは宗教指導者として、指導力がないことを示すことになる為、引くに引けない状況にあると言えます。

-まとめ:日本の自衛隊基地をイランに置くというウルトラC

アメリカもイランと戦争をするメリットが多いとはいえません。シェール革命により、産油国になったアメリカは以前のように中東の石油にしがみつく必要がなくなっています。また、宗教的最高権威であるハメネイ師を最高指揮官に持つイラン国軍と革命防衛隊は強固な団結と忠誠心の下に戦う為、アメリカ軍の苦戦が予想され、多数の犠牲者が出る可能性あります。

アメリカはイランが核開発さえ諦めてくれれば、正常な関係に戻す十分な動機がありますが、先述の通りイラン側から見れば、核兵器こそ自国をイスラエル、サウジアラビア(他スンニ派の国々)から守る唯一の解決策であるため、諦めるわけには行かないという事情があります。

しかし、アメリカから見れば、イスラエルとサウジアラビアの直接の脅威になる核保有を認めるわけにはいきません。核保有を認めれば、これを脅威と感じるイスラエルがイラクを独自に攻撃することが予想されます。そうなると各国を巻き込んでの第五次中東戦争の危険があります。

このように、どちらも譲れない事情があるので、解決は難しく戦争の可能性も一気に高まっているのが現状です。

最後に、私がウルトラCの解決策として提案したいのが、日本の自衛隊の基地をイランに置くという案です。日本とイランの関係は良好で、実際に6月12日には安倍総理は最高指導者のハメネイ師と会談しています。ハメネイ師と会談できる首脳は世界を見回しても限られています。

日本はその友好関係を生かして、自衛隊の基地をイラン国内に置くと、サウジアラビアやイスラエルはアメリカと同盟関係にある日本の自衛隊がいる為、イランに攻撃できない状況が生まれます。そうなれば、イランも自国の安全が保証されるので、核開発をする必要がなくなります。逆にイランが他国に侵略しようと考えても、アメリカと情報を共有している自衛隊の基地が国内にあることが抑止力となり得ます。

もちろん、日本はイランだけでなく、サウジアラビアやイスラエルとも利害関係があり、アメリカの賛成も必要なので、実現可能性が少ない頭の体操のような案ですが、これくらいのウルトラCの策でなければ、現在のアメリカ・イランの戦争への道を止めることは難しいのではないかと思っています。

何とか戦争への道を回避できるように外交努力を続けて欲しいと祈っています。今回の頭の体操のようなウルトラCの提案も人とは違った味方と言えるのではないでしょうか。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です