日韓断交-「感情的にならず、冷静にダメージを与えようよ」

解説:昨年から徴用工判決、慰安婦財団の解散、自衛隊機へのレーダー照射と反日活動を激化させる 一方の韓国に腹を立てている人がほとんどだと思います。かくいう私も腸が煮えくり返る程 怒っています。その中で最近、特にネット中でですが、政府がもっと強気に出るべきで、 韓国が姿勢を改めないなら、日韓断交すべきだと言う意見が散見されます。

政府の対応は生ぬるいが・・・

たしかに、岩屋防衛 大臣の発表は生ぬるいように感じますし、レーダー照射に関しても防衛省が最終見解を発表し、 今後は協議しないとしただけで、具体的な制裁を伴っていないことに不満を感じるのは当然で しょう。

しかし、ここで焦って日韓断交まで行ってしまうのはやはり短絡的と言えます。 理由は、こちらから断交を言い出して実際に断交してしまうと、韓国の日本が悪いというプロパ ガンダに全力で使われてしまうからです。レーダー照射問題ですら、低空飛行に問題をすり替えて 被害者になろうとする国ですから、日本発で断交を言い出せば、それ見たことかと日本を悪魔化 して世界に宣伝するのは目に見えています。

無視をし続けること

それでは、韓国向けの工作機械や石油などの輸出を 止めれば良いかというと、そんなことをすればすぐに中国が入ってきて、日本の市場を奪うだけ でなく、韓国との関係強化しようとしてくるでしょう。そう考えると、感情的にすぐに制裁を 行うのではなく、一歩一歩詰めていくという作業ことが、もっとも効果的なダメージを与える 方法なのです。

具体的には、まずは徹底的に韓国を無視することです。1月の安倍総理の施政方針 演説ではほぼ韓国を無視したものでしたが、こうした態度を続けていくことです。無視をすれば 必ずあちらから擦り寄ってきます。事実、次の日の韓国誌は安倍総理の演説を批判していました。

次に国際社会に正当性を示していくことです。具体的には徴用工の問題でいうと、国際司法裁判所 への単独提訴です。国際司法裁判所は両国の同意がないと審理は行われませんが、国際社会に 韓国の無法ぶりを見せるためにも提訴すべきです。その先に大使の一時帰国やビザ免除廃止と いった具体的な行動をとるべきです。国際社会を味方に付けながら行動することを意識しないと 気づいたらいつの間にか韓国が被害者にすり替わっているという状況になりかねません。

まとめ:実効性のあるダメージを与える対応を

日韓断交できたら、一瞬は気持ち良いでしょうが、その先に日本が不利になる可能性があるので、 冷静に一歩ずつ追い詰める方が結果的にはダメージを与えられるのです。弱腰ではなく、本当に 痛めつけるために冷静にやっていく。こういった見方が必要ではないかと思います。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です