日米安保・憲法改正-「トランプ発言は現代の黒船かもね」

解説-トランプ大統領が日米安保条約が不公平との発言が物議を醸しています。最初は周囲に日米安保の破棄にまで言及したというニュースもありましたが、実際にトランプ大統領本人の口からは破棄は考えておらず、片務性に対する不公平という不満が表明されました。

日米安保の破棄は考えていないとの発言で、このニュースは収束したかのように思えますが、このトランプ大統領の発言は日本の戦後のあり方そのものを考える時期に来たことを示しているニュースではないかと思うのです。

-これまで日本人の大多数が見ない振りをしていたこと

今回のトランプ大統領の日米安保条約に対する疑義は日本が目を背けてきた本質にぶち当たります。つまり、アメリカは日本本土を攻撃されれば、米軍が命がけで守るのに、日本はアメリカ本土が攻撃されても守らないというトランプ大統領の発言そのものです。

もちろん、直後に岩屋防衛大臣が「日本は日米安保条約に基づき、在日米軍基地を提供しているので、片務的ではない」旨の発言をして、火消しをしていましたが、日本はアメリカを守る為に命を掛けて戦う必要がない片務性があるという本質は変わっていません。

この時期のこのトランプ大統領の発言は戦後の日本が「自分の国は自分で守るという」当たり前のことを考えずに避けてきたことのツケをこれから払わされるという前兆ではないかと思います。

-戦後の世界秩序は壊れてきている

まず、客観的に見て戦後の世界秩序が壊れてきていることは明らかです。戦後の国際秩序は冷戦という自由主義諸国と社会主義諸国の対立で始まりました。この対決はソ連崩壊によって、事実上アメリカを中心とする自由主義諸国の勝利で終わります。

その後は自由主義経済の発展によるグローバル化の時代が到来します。最初は中国、現在はベトナム、東南アジア、終着駅はアフリカ大陸へ向かう賃金の安い労働力を持つ国へ資本が投入され、それぞれの国が経済発展していく道へと入っていきました。

その結果として、中国は急速な経済発展を遂げ、世界覇権に挑戦する権利を得ました。その中国とこれまでの世界の覇権国であるアメリカが対決しているのが米中貿易戦争です。最終的には自由を是とするアメリカが勝利すると私は思っていますが、アメリカが世界の警察でいる時代が終わったことも事実で、世界が多極化へ向かっていることは、イギリスのEU離脱を見ても明らかです。

こうして国際秩序が崩れている中で、常任理事国の強大な権限によって機能しなくなっている国連も役割を果たすことができていませんし、同様に自由貿易を担保するはずのWTOもこの2大国の関税の掛け合いに指を加えてみていることしかできていません。

この文脈の中で見れば、戦後の国際協調の時代がひとまず終わってしまうサイクルに入っているのではないでしょうか。そうであるとすれば、トランプ大統領の当選もイギリスの国民投票も自国ファースト化する時代の必然なのかもしれません。

-見方を変えれば、日本にとってはチャンス

国連やWTOなどの国際機関の無力さが露呈してきた中で自国ファースト化していくのは必然であり、自国の国益を考えれば、アメリカが世界中から引いていく戦略も逆に中国が海洋覇権を奪いに南・東シナ海に出て行くことも理に適ってはいます。

日本にとってはアメリカが世界から引いていく局面の中で、海洋進出をしてくる中国に対峙しなくてはならないのが、日本の現状です。この世界情勢の中では日本も世界標準の国になることが求められます。具体的にはアメリカに守ってもらうという意識を改革することです。

トランプ大統領は大統領選挙当時から、アメリカがアメリカのお金を使って、他国を守ってあげているのはおかしいと言い続けています。政治的には、アメリカの世界戦略の為に世界各国に軍事基地を置いているということで、実際にはアメリカの国益にも適っているのですが、このように単純化してしまえば、その考え方を受け入れるアメリカ国民が多いのも事実です。

これまで日本は占領期に事実上アメリカが作った日本国憲法の下、アメリカに守ってもらうことで、経済発展を遂げてきました。軍事力が絡んだ国際政治の場では、アメリカと同一視され、単独のプレーヤーとしても認識されてこなかったのが現実です。

その日本が世界秩序の崩壊によって、単独のプレーヤーとして独り立ちすることが求められているのです。先日の安倍総理のイラン訪問はその一歩だったと思いますし、韓国に対する輸出規制強化も以前のアメリカでしたら許していないでしょう。戦後秩序が変わってきているニュースが日々起こっているのが現状なのです。

まとめ:トランプ発言は現代の「黒船」となるか?

日本は江戸時代の黒船によって、太平の眠りを揺り起こされ、明治維新を成し遂げることによって、近代国家へと成長を遂げました。日本はペリーのたった4隻の黒船の外圧によって、無理矢理開国させられたというネガティブな評価もありますが、これは逆で考えれば、たった4隻の黒船を見ただけで、これまでの平和が保てないことを察知し、国内改革を行えた昔の日本人の凄さを示す事例であるとも言えるのです。

このように歴史的に見ても、日本は外圧に弱いのではなく、外圧を利用して国内改革をする知恵が備わっているのです。今回のこのトランプ大統領の発言が、江戸末期の黒船のように日本のこれまでの敗戦国として甘んじてきた戦後秩序をガラリと変える「黒船」になる可能性もあるのではないでしょうか。

そのためには、江戸当時と同じように、国民が一丸となって国難に立ち向かう姿勢が必要です。そうした議論を国民に中で興していくように、私もこのブログをはじめ微力ながら色んな「見方」を提示していきたいと思います。

このような見方も人とは違った見方と言えるのではないでしょうか。

投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です