「韓国にとって入試は現代版の『科挙』なんだね」

解説-韓国のチョ・グク氏は多数の疑惑がありながらも、最終的には法相に任命されました。その疑惑の中でも最も韓国民を怒らせたのが、娘の不正入学問題でした。思い出せば、朴槿恵前大統領が辞めるきっかけとなったチェ・スンシル事件の時もチェ氏の不正入学疑惑が一番韓国民の怒りに触れた疑惑でした。

このように、韓国国民は権力者が権力を行使して近親者を名門大学に入学させるという不正に対しては、とてつもない怒りを覚えるようです。一つには苛烈な受験戦争社会である韓国において、権力者が実力もないのに権力を使って、その戦争を不正に勝ち抜くことに対する怒りがあるのでしょうが、私は歴史的な視点から新しい見方をしたいと思います。

それが今回のセリフにもある「科挙」という単語です。この「科挙」という視点から見てみると、現代韓国民が権力者の不正入学に対して、何故ここまで怒りが増幅してしまうのかが説明できるのではないかと思っています。

-「科挙」とは

「科挙」とは中国が隋の時代に優秀な人材を登用しようとしてはじまった試験制度です。それまでの古代中国では、官吏登用は推薦による選抜で行われていました。しかし、それでは権力の独占につながり、優秀な人材が登用できないということで、公平な学科試験を通じて、人材登用を図る為に「科挙」がはじまりました。

これはかなり画期的なことで、出自に問わず、科挙に合格さえすれば、官吏になることができるということです。ヨーロッパでさえ18世紀くらいまで高官は世襲が当たり前だったことを考えると、出自に関係なく、能力によって出世できるという何百年も先の先進的な制度を6世紀の隋が先取りしていたと言えます。

この科挙は隋が滅びた後の唐以降の王朝にも引き継がれました。また、科挙は朝鮮半島にも伝わり、788年に高麗が導入し、その後1894年に廃止されるまで、科挙制度は存続しました。ちなみに日本でも平安時代に科挙が導入されましたが、世襲の貴族の強い反対により、定着しませんでした。

優秀な在野の人材を登用する為にはじまった科挙制度ですが、実際は試験が難しく、出題範囲も膨大なため、親がお金持ちで、勉強する時間を使える人間でなければ、合格することは難しかったと言われています。それでも、当初は出自に関係なく、優秀な人材を登用できる科挙という制度は当時の世界最先端の制度だったと言えます。

しかし、明の時代になると科挙の出題範囲が変わっていきます、それまで、広すぎた科挙の主題範囲を四書五行(論語・孟子・大学・中庸・易経・詩経・書経・礼記・春秋)に絞ったのです。これは朱子学の影響が強くなってきたことが原因とされています。

以前の科挙では、実際の政策に関する意見を聞く散文の試験もあったのですが、明の時代には四書五経をひたすら暗記した人間が合格するという試験に変わってしまったのです。そうなると、古典を知っている人間が合格していき、現実の政策には知見を持たない人材が高級官僚として政治を動かすことになります。

こうして、科挙制度は優秀な人材を登用する制度としての機能を実質的に終えてしまいます。私は朱子学が持つ「礼」を重んじることによって起きる、上下関係を重要視する思想こそが、東アジアの民主主義への発展を阻害している原因だと思いますし、この朱子学を国家公認学問として朝鮮半島では現在でもこの朱子学の影響が残っていると思います。

-朝鮮半島への影響

この朱子学の「礼」を重んじる結果、上下関係を重視する思想と科挙が組み合わさった悪影響が出てしまったのが朝鮮半島です。朱子学を国家公認学問とした結果、「両班」と呼ばれる特権階級を頂点とした身分制度が確立してしまいます。

次第に科挙を受けることができるのは、両班と両班の次の階級である中人と呼ばれる身分だけになってきます。しかも、中人は高位の官僚にはなれない仕組みになっていくばかりか、中人より下の階級の身分の者は、科挙を受けることができなくなってしまいます。

こうなると出自に関わらず、優秀な人材登用を行う制度であった科挙の本来の意義はなくなり、両班という特権階級守るための制度になってしまったのです。身分を越えて優秀な人材を差別なく登用する科挙が、逆に身分を固定化して下位の階級を差別する為の制度として機能したというのは何という歴史の皮肉でしょうか。

まとめ:「両班」になるための「科挙」への不正は許せない。

いずれにせよ、朝鮮半島では両班を頂点とした身分制度は日本に併合されるまで続くことになりました。その後時代を経て、現在の韓国は自由主義経済の民主主義国家ですが、財閥の力が強く、現代版両班と呼べる状況なっています。

財閥が現代版両班だとすれば、その財閥に入るための資格である学歴を得るための大学入試は現代版の科挙と言えます。ただ、李氏朝鮮時代と異なるのは、当時は「科挙」を受けるために階級の制限があったのに対し、現在はいずれの国民も大学入試を受けることができます。

その公平さを取り戻した大学入試=科挙に対して、権力を行使して不正を行うことは、財閥=両班への皆に開かれた出世の手段である「科挙」に対する冒とくであるということになります。だからこそ、韓国民はかつて両班が権力を独占し、下の階級の身分の者を搾取し、なおかつ両班が身分を世襲してきた歴史を(無意識にしろ)思い出すからこそ、権力者の子供の不正入試に対してこれだけ国民感情が爆発するのではないかと思います。

このように、ニュースの中にもいろんな歴史的背景があるかもしてないと思ってみる視点も人とは違った見方と言えるのではないでしょうか。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です