韓国・嘘-「論理性よりも声が大きいほうが勝つ『声闘』の文化の国だからね」

解説-最近、韓国の嘘つきぶりが日本国民全体に知られるようになってきています。自衛隊機のレーダー照射事件については、説明が二転三転したあげく、最終的には自衛隊が低空飛行したから悪いと言い張っています。また、韓国の議長が天皇陛下を侮辱した発言に至っては、日本側の反発が強いと「そんなこと言っていない」と言っていたのに、すぐにブルームバーグから証拠の音声が出てきて、嘘だったことがばれるという情けない結果になっています。こうした韓国の条件反射とも言える嘘は韓国特有の精神文化が根底にあるようです。

非を認めることは負けること。

韓国人にとって非を認めて謝罪することは、イコール負けることであり、何よりも辛いことなのです。日本であれば、非を認めて素直に謝罪をすれば大抵のことは水に流して、周囲もそれ以上は追求しないことが多いと思います。しかし、韓国では非を認めたが最後、徹底的に追い込まれてしまいます。朴槿恵前大統領が良い例です。元々は中国の言葉ですが、「水に落ちた犬は叩け」という諺が韓国のものとして広まっているのもこう言った意識が韓国社会にあるからでしょう。

こういった背景があるから、韓国では自分に非があり、証拠が揃っていたとしても、非を認めたくなく、謝罪もしたくないから、「お前も~をしたじゃないか」と論点をすり替え、声を張り上げるのです。こうすることで、自分が悪いという立場から、相手も悪いという「対等な立場」になることができます。これが主張の論理性よりも声が多いほうが勝つという『声闘』の文化です。企業の世界でも韓国企業は特許侵害で他の企業に提訴されると、お決まりのように「あっちこそ我々の特許を侵害している」として、すぐに逆提訴を行います。これも逆提訴の内容は国際司法では問題にされない標準特許でも何でも良いので、こちらも提訴しているという「対等な立場」を得るためだけのものです。この状況に持ち込んでから、和解を目指すのです。和解さえしてしまえば、どんな不利な条件でも判決の前に和解さえすれば、負けたことにはならないからです。

事実は関係ない。

このような事例を見ればわかるとおり、韓国の行動原理は非を認めて、負けることが何よりも耐え難いことで、それを回避するためなら、事実や論理の整合性など関係なく、大声で主張を言い続けていくことだと言えます。その視点で最近の韓国に関する問題を見ていくと、どれだけ日本が証拠を突き付けても、国際社会から白い目で見られても、非を認めて謝罪することはないでしょう。レーダー照射問題でも実務協議を行いましたが、日本が捉えた周波数について、双方が提示して照らし合わせることを要求したところ、韓国側が拒否しています。つまり、これは彼らから見れば、「実務者同士が膝を突き合わせて話し合ったが、平行線に終わった」ということで「対等な立場」を確保したので、韓国政府は良くやっているという話になるのです。

まとめ:日本の親韓派に注意せよ。

いずれの問題も韓国国内では「対等な立場」もしくは被害者の立場として認識されているので、韓国政府は国内向けに弱腰に出ることはできません。そうなると、日本に何らかの譲歩を求めてくることになるのですが、ここで日本の親韓派の暗躍に注意しなければなりません。日韓友好議連の額賀会長がこの時期に訪韓し、首相と面会するというニュースも出てきています。これまでも日韓友好の美名の下に日本が韓国国内世論に譲歩してきた結果がいわゆる慰安婦の問題の国際問題化にもつながってきたことを思い出すべきだです。私たち国民がこうした安易な妥協や日韓友好という美名に再度騙されることがないよう、怪しい動きをしてきた親韓派の政治家を監視していくことが大事だと思います。 『声闘』という韓国文化の背景を知ったうえで、最近の韓国の日本への挑発ともいえるニュース見ていくとまた違った見方になるのではないでしょうか。

投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です