「野党はマスコミと組んで、国会を止めることが目的ではないか」-桜を見る会

解説-国会では総理主催の桜を見る会についての野党とマスコミの追及が止まりません。確かに、参加者の選定に不透明感がありますし、前夜祭で不当なお金の流れがあるのであれば、政治資金規正法にも引っかかる問題です。

しかし、追及する野党側も民主党政権時には同じ会を当時の総理主催で開催していた事実があります。この点を考えると、この問題を追及していっても野党にブーメランとして反ってくるだけのように思います。

それでもマスコミも一緒になって、金額のインパクトも薄いスキャンダルを騒ぎ立てるのは、野党とマスコミが憲法改正論議から国民の目をそらしたいからではないかと私は見ています。

-都合の悪い情報を出さない手口

「桜を見る会」の問題は最初、公費の私物化として始まりましたが、鳩山政権下でも行われていたというブーメランがさく裂すると、ホテルニューオータニで行われた前夜祭が不当に安かったという点に論点が移っています。

ホテルは野党の問い合わせに「立食で11000円」と回答したのに、5000円で開催したのはおかしく、差額を安倍事務所が補てんしたのではないかというのです。また、野党は安倍事務所の政治資金収支報告書に記載がないことがおかしく、疑惑は深まったとして、国会での説明を求めています。

まず、ホテルの立食パーティの金額について言えば、人数やシーズンによって、ホテルが金額を変えてくるのは常識だと思います。年末年始やGWなどの繁忙期にはホテルの宿泊代が、通常の値段の何倍にもなることは国民の誰もが知ることです。

逆に、ホテルでパーティを行う時に、人数が多く、参加者のほとんどが自分のホテルに宿泊するとなれば、料理の量を減らす等の交渉次第でパーティ価格が通常価格より下がることもあり得ると考えるのが普通ではないでしょうか。またツイッターではこの前夜祭に参加した人から、ぼったくりと思うくらいに料理の量が少なかったという話も出ています。久兵衛の寿司が出たとの話もありましたが、これも完全に誤報なようです。

いずれにしても、公共料金ではないのですから、ホテルがその時の人数や料理の内容によって通常より安い5000円で提供したからといって、何の問題もないですし、このことを騒ぐことで、ホテル側に迷惑がかかります。実際にホテルニューオータニには「安倍総理が5000円でパーティしたのだから、自分も5000円でパーティさせろ」といった電話が来ているという話もあります。

また、政治資金収支報告書への記載の問題も、この件が旅行会社に委託されていた点を敢えて野党とマスコミは無視しています。旅行会社と参加者との間の金銭のやりとりだけで完結し、安倍事務所側が金銭のやりとりに関与していないのであれば、政治資金収支報告書に載せようがないのです。

このように、野党とマスコミは国民が知るべき情報を意図的に隠して、疑惑が深まったという印象操作をしているように思います。今の時代はネットですぐに真実が追及されるにも関わらず、このようなスキャンダルで騒いで、問題化し、国会でも追及するとしている野党には、別の目的があるとしか思えません。

-野党とマスコミは国会を動かしたくない。

私は野党とマスコミはスキャンダルで国会を空転させること自体が目的ではないかと思い始めています。

世界情勢に目を向けると、韓国のGSOMIA破棄は決定的で、韓国が日米韓の安全保障体制から抜けてしまう公算が強まっています。その行きつく先は、米韓同盟の破棄となるでしょう。日本は東アジアの紛争の最前線に立たされる危機が迫っています。

また、トランプ大統領はアメリカ軍と共にIS殲滅に力を尽くしたクルド人を見捨てる形で、シリア北部から米軍を撤退させた結果、トルコの侵攻を招きました。イランが背後にいるとみられるサウジアラビアの油田攻撃に対しても、イランに具体的な対抗措置を取っていません。これにより、アメリカは本当に自国第一主義を徹底していくつもりで、同盟国に対する敵対国の攻撃に報復をしなくなるのではないかという疑念が出てきています。つまり、敗戦後に国民の多くが平和憲法の下で何となく思っていた「他国が攻めてきたら、米国が守ってくれる」という前提が根本からひっくり返る事態が起きつつあるのです。

このような国際情勢とその対策こそ、国会で議論するべき案件です。これを議論すると、危機的な国際状況が迫っている中で現状の憲法を改正しなくてよいのかという議論が出てくることは確実です。実際に前回の参議院選挙後に安倍総理は憲法改正に向けて具体的に議論を進めていくと明言しています。

私は憲法改正に向けた議論が進んでほしくない野党とマスコミが、桜を見る会のような自身が政権を取った時も中止しなかったブーメラン案件でも、疑惑があるように追及し、話題を作っているように思います。

だからこそ、この問題は論点を変えて、延々と続いていくことが予想されますし、国民が飽きてくると、次の些末な疑惑が生み出され、同じような騒ぎが繰り返されると思います。それに引っかかる国民もネットの登場で徐々に少なくなっていますが、どのような形でも与党を追求していること野党が好きな支持者も一定数いるので、その一定数の支持者の為に野党は政治パフォーマンスをやっているとも言えます。

まとめ-対案の出せない野党は淘汰されるように、国民が賢くなるべき

モリカケに始まり、今回の桜を見る会と数々の疑惑が追及されてきましたが、今回も含めて、政権の崩壊には至りません。それどころか、内閣支持率も高止まりし、国政選挙は与党の連勝が続いています。

つまり、野党の戦略は明らかに失敗しているのです。国民は疑惑を騒ぎ立てる野党ではなく、対案を出せる野党を望んでいると思います。だからこそ、前回の参議院選挙では今回の桜を見る会の疑惑追及とは距離を置く維新の会が議席を伸ばしています。維新の会は自民党案に反対ばかりの立憲民主党や国民民主党とは一線を画し、対案と法案修正を行っています。そうした地道な活動を支持する国民がいたからこそ、マスコミで目立たなくても、議席を増やしているのです。

こうしたまともに対案を出せる野党を育てることこそ、国民にとっての利益になります。現状では野党勢力がスキャンダル追及しかしないため、野党に政権を取らせるという選択肢がイメージできず、与党の圧勝が続いています。

敵が弱ければ、与党は腐敗します。抵抗勢力や既得権者を打倒するモチベーションも低下します。その結果が、今回の消費増税の実施なのです。決まった増税であっても、有権者の反発を受け、選挙に負けてしまう可能性が高ければ、消費増税を中止するという声も党内で大きくなったはずです。

それが野党勢力のこの体たらくでは、財務省の恨みを買う消費増税中止に動かなくても、選挙も勝てそうという判断が働いたからこそ、世界経済の減速が見えてきている中で、予定通りの増税が行われてしまう結果につながっているのです。

いつでも政権交代が起きるという緊張感を与党に与えることが、国民の為の政治をさせる原動力になります。その為には、スキャンダル追及ではなく、戦略を持ち、対案を出せる野党勢力が力を持つことが必要です。私たち国民が安易にスキャンダルに食いついき続ければ、野党もスキャンダルばかりを追求して得点を狙います。私たち国民こそが賢くなり、国民と国益のために与党を追及し、対案を出せる野党を応援していくことが大事だと思います。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です