トランプ大統領・国賓-「国賓だから最大限もてなすのは当然。批判する人は安倍首相憎しの感情だけだよね」

アメリカのトランプ大統領が訪日をし、新しい天皇陛下と会見された他、安倍首相とゴルフや相撲観戦を行い、最終日には空母「かが」を視察し、帰国されました。この訪日に対して、野党やマスコミからは批判の声が相次いでいます。立件民主党の辻元国体委員長の「安倍首相はツアーガイドか」という発言をはじめ、朝日新聞の霞クラブのツイッターでは安倍首相がゴルフカートを運転している写真に対して「とうとうトランプ大統領の運転手に」というコメントをつけて投稿するなど、様々な批判が出ています。

これらの批判は安倍首相がすること全てに批判したいという意図しか見えず、国益の概念が存在しません。まさに批判することが目的になっていると思います。

そもそも訪日の最大の目的は何か

マスコミでは今回の訪日で共同声明が出なかったことに対する批判もありまし、トランプ大統領の日程が観光やレジャーがメインのように見えるため、実質的な成果がなかったという批判もあります。ちなみに中国の新華社通信は「形だけで中身がない」と批判しています。

しかし、今回の訪日の最大の目的は何かを思い出せば、そのような批判は全く的外れと言えます。今回のトランプ大統領の訪日は、日本の最も重要な同盟国であるアメリカの大統領が新しく即位された天皇陛下に世界の首脳の中で最初に会見するという絵を世界に見せること重要な目的なのです。

日本とアメリカはこのように強固で特別な同盟関係であるということを世界に示すことができれば、日本の外交力を押し上げる力となります。トランプ大統領の強烈な個性に世界が振り回されている中で、日本の安倍首相だけが特別な関係を築けているということを世界にアピールできたことは大きな国益です。

実際の動きとして、トランプ大統領訪日直前にイランの外相が訪日し、トランプ大統領が訪日した後に、安倍首相が6月にイランを訪問することが決まりました。当然、トランプ大統領と話し合った結果だと思われます。アメリカとイランが対立している中で、トランプ大統領と近い安倍首相のイラン訪問を世界中が注目することになるでしょう。

アメリカとイランは戦争の危険もあるくらいのレベルで悪化していますから、ここでイランとも関係が良い日本が仲裁することができれば、日本の存在価値が上がることは間違いありません。6月のイラン訪問は世界にとって大きな注目を集めるイベントになりそうです。

アメリカとの同盟関係であることの最大のメリット

現在の日米関係は歴史上最も良い関係と評されています。思い起こせば、トランプ氏が大統領選挙に当選した直後に、まだ大統領ではないトランプ氏に安倍首相が世界の首脳の中で誰よりも早く会いに行ったことが安倍・トランプ関係の始まりでした。

この時もまだ大統領になっていないトランプ氏に会うことを外務省は外交儀礼に反するという理由で反対したという話があります。その反対を押し切ってトランプ氏と会ったことが、現在の良好な関係の基礎になっているのです。これは間違いなく英断でした。

安倍首相を批判したい勢力はアメリカの舎弟だとか属国のようだと批判をします。では、現実的にアメリカではなく同じ大国の中国と軍事同盟を結べと言うのでしょうか。中国は沖縄県尖閣諸島をはじめ、日本への領土的野心をむき出しにしています。日本にとって明らかに敵性国家であり、同盟を結ぶことは不可能です。

南シナ海を見ても中国が膨張主義に出てきているのは明らかで、それを防ぐためにもアメリカと同盟を結び、強化していくことは最善の選択です。そして、何よりもアメリカと同盟を結んでおくことにはあまり意識されていない最大のメリットがあります。

それは、日米同盟がある限り、世界一の軍事力を持つ戦争国家のアメリカと戦争する危険がないという言うことです。これはとてつもなく大きなメリットです。アメリカと言えば、第二次世界大戦後も朝鮮、ベトナム、アフガニスタン、イラクと絶えず戦争をしてきた国家です。

特にイラクに関しては、最終的に見つからなかった大量破壊兵器の譲歩をでっちあげてでも戦争を開始した恐ろしい国です。このようなアメリカと戦争をする危険がないというのは、日本にとって最大のメリットです。

現状でも、アメリカに対抗する軍事力を強化する時間と費用を他のことに回せています。これに対して中国・ロシアはアメリカに対抗するために軍事力を強化し続ける必要があります。アメリカは世界最強で最先端の軍事力を持っていますから、これに対抗するためには研究開発を含め、莫大な時間とお金がかかることになります。

このようなコストを日本は払わずにすんでいるのです。もちろん、独自の軍事技術開発は主権国家として必要不可欠だと思いますが、少なくとも核兵器も含めて全方位にコストを掛ける必要はなくなります。だからこそ、日本は得意な潜水艦などに集中して予算を掛けることができるのです。これはアメリカと同盟があるからこそ、言い換えれば、アメリカと戦争する危険がないからこそできていることなのです。

まとめ-安倍憎しの勢力からは国益の観点が見えない

このように見ていくと日米同盟とそれを強化することは日本にとってメリットが大きいということがわかります。もちろん、そのメリットがあるからこそ、経済分野ではアメリカに押し込められる場面が多くなることも事実です。

問題はそのメリットとデメリットのバランスです。日本が経済問題でアメリカに譲歩していても、日本は軍事面で多大なメリットを得ているという認識が国民にあれば、アメリカとの外交交渉も日本が負けてばっかりというこれまで印象も変わるのではないでしょうか。

こうした広い視野から国際問題を見ていくことが必要だと思いますし、このような見方こそ、人とは違った見方と言えるのではないでしょうか。

投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です