れいわ新選組・山本太郎-「この人の危険性にみんな早く気づかないと、とんでもないことになるよ」

解説-れいわ新選組の支持率が急上昇しており、立憲民主党に並んだという報道がでました。前回の参議院選挙では2議席を確保し、政党要件も満たすという大成果を上げています。党首の山本太郎氏の演説が心に響くと評判を呼び、SNS等を通じて、動画がアップされ、拡散されたことも大きな要因であると思います。

政策の中身も私が度々このブログで指摘してきた消費増税の凍結やロスジェネ世代への支援など支持できる政策もあります。しかし、山本太郎氏の経歴と背後にいるブレーンの存在を考えると、このポピュリスト(自分でも言っている)は非常に危険な人物を言わざるを得ません。

-極左活動家の斎藤まさしがブレーンに付いている

山本太郎氏の選挙ブレーンには斎藤まさしという人が付いています。この方は市民派選挙の神様と呼ばれる選挙のプロで、菅直人元首相の選挙参謀を務めていたとも言われています。

問題はその経歴ですが、斎藤氏は市民の党の代表を務めています。この市民の党は「MPD・平和と民主運動」というミニ政党が前身で、このMPDは立ち上げた際に、ポルポト派や赤軍派議長からメッセージが届いたという完全な極左団体です。また、市民の党は北朝鮮との深いつながりが繰り返し指摘されており、よど号ハイジャック犯や拉致実行犯と接触していることが、国会の答弁にも残っています。

市民の党の議員は過去に横浜市議会で壇上の日の丸を引きずりおろし、議長席を占拠するという事件も起こしています。また、三鷹市議選挙によど号ハイジャック事件のリーダーである田宮高麿の長男を擁立しています。

斎藤氏はある対談記事の中で「革命一筋。この30年他に何も考えたことはない」と述べています。いまだに共産主義革命を目指しており、「僕は革命のために選挙をやっている」とも公言している人物なのです。

このような人物がブレーンとして山本太郎氏を支えているのです。それだけでもれいわ新選組と山本太郎氏の危険性が分かります。

-山本太郎氏の言動の危うさ

山本太郎氏自身の言動にも危険性が表れています。福島原発事故の後、反原発派として積極的に発信してきた山本氏は、「東日本の食材を僕は食べない」や「あなたの身体の中で放射線を発し続けてあなたを被曝させ続けるよ」など科学的根拠のない風評を広げてきた過去があります。

そして、極めつけは2013年の秋の園遊会で天皇陛下に被曝問題を綴った手紙を直接渡すという暴挙に出ます。この時は皇室の政治利用だとか、天皇陛下の不敬に当たるといった様々な批判が出ました。

私はこの行動にこそ、山本太郎氏の独善性が表れていると思います。この行動には、被曝問題を抱えている被害者を救うという正義の為ならば、どんな手段でも使って構わないという意識があると思います。

これはつまり、もし権力を持てば、自分の信じる正義の為には、ルールを守る必要はないと考え得る人間ということです。しかも、福島県の放射能に関しても、科学的根拠とデータを持って反論しても、聞く耳を持たない人間です。自分が権力を持てば、自分の正義に賛同しない反対派の口を封じだすでしょう。これは歴史上の共産主義国家の独裁者を見れば明らかです。

そのような人物が代表を務める政党が、極左団体の支援を受けて、参議院で2議席獲得し、政党要件を満たしたということは恐るべき事態です。しかも、衆議院選挙に100人の候補者を立て、政権交代を目指すとまで発言しています。

-安全保障・外交政策が不明

勢いに乗るれいわ新選組ですが、政権交代を目指すと発言しているにも関わらず、安全保障と外交政策は全く不透明です。れいわ新選組のマニフェストの中で、安全保障と外交について触れている部分は「真の独立国家を目指します~地位協定の改定を~」の部分のみです。

その中身は沖縄県の辺野古基地建設は中止し、普天間基地も即時の運用を停止し、米軍にはカリフォルニア等への移転をお願いし、対等な同盟関係を築けるようにするとの趣旨です。

これは、全く実現可能性がないと言わざるを得ず、民主党政権の「最低でも県外」の失敗から何も学べていません。領土的野心をむき出しにしている中国やミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対して、どのように対抗していくのか全く述べられておらず、不明です。

このマニフェストを実行して喜ぶのは北朝鮮と中国です。沖縄から米軍を撤退させることは北朝鮮と中国が切望していることです。ここでもやはり、背後の極左団体の影響があるのではないかと勘ぐってしまいます。

-まとめ:山本太郎氏に騙されてはいけない

山本太郎氏は終戦記念日にれいわ新選組のHPに代表談話を発表しており、その中で「アジア諸国にも甚大なる被害を与えた過去。この反省を未来永劫続けることが、私たちそして政治の責任と考えます」と述べています。

一度敗戦したら未来永劫反省し続ければならない国がどうやったら「真の独立国家を目指」すことができるのでしょうか?いつまでも日本が加害者の立場でいることを望んでいる国も同じく北朝鮮と中国です。

山本太郎氏の発信はわかりやすく明快です。しかし、このわかりやすさこそが危険なのです。山本氏が演説で述べる「生活が苦しいのはあなたのせいではない」、「ないところから税金をとるな。金持ちから取れ」、「あなたは存在しているだけで価値があるっていう社会を政治で作っていこうじゃないか」等、現状に不満がある多くの国民に寄り添うような言葉に感動する人が多いのもわかります。経済政策に関してはデフレ脱却を第一に掲げ、財政出動や新規国債の発行等の政策は私も大いに賛成します。

しかし、れいわ新選組に具体的な安全保障・外交政策が全くないことや支援者に北朝鮮との深い関与が疑われる極左団体がいることを知っている支持者はどれくらいいるでしょうか。

経済政策はまともでも、それ以外の政策が間違っていた代表と言えばヒトラーです。ヒトラーも経済政策がまともで、第一次世界大戦後のどん底だったドイツ経済を復興させた為に、国民の支持と民主的な手続きによって、独裁者の地位に就きました。その後の歴史は言うまでもありません。

耳障りの言い言葉に騙されてはいけません。日本国民は「悪夢の」民主党政権時にそれを嫌というほど学んだはずです。もう一度、山本太郎氏の支持団体や政策を見て、このれいわ新選組ブームに乗ってよいものかを国民に考えてほしいと思います。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です