米中貿易戦争-「もう完全に米中冷戦の時代だからね」

解説:先の記事でも紹介したとおり、昨年のペンス副大統領の演説から中国は 完全に米国の敵として認識されています。その大きな理由が中国では資本取引 が自由化されておらず、中国に企業が進出すると技術が盗まれるという現実 があるからです。

中国に企業が進出すると必ず社内に共産党委員会を作ることが 求められ、その共産党委員会が技術の開示を求めてきます。その結果、技術が 盗まれ、米国企業の利益が損なわれているということに米国が気づいたのです。 その盗んだ技術でファーウェイが急成長したとも言われています。そのファー ウェイが次世代の5Gという通信の新規格を作ろうという段階まできたので、米国が 本気で中国を潰しにきているというわけです。通信の新規格を中国に握られる ということは、その規格の元に活動する企業や国の情報を全て中国に握られる 可能性があるということです。

それを防ぐための米国の対中国政策という視点 で見れば、トランプ大統領の意図も見えてくるのではないでしょうか。


投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です