仮想通貨暴落-「結局強制通用力がなかったから

解説:仮想通貨市場が軒並み暴落しています。一時は200万円を越えたビットコインも 今は見る影もありません。一時は世の中を変えると言われた仮想通貨もブームが 終わってしまった感じがあります。話題にはなったものの、世の中に広まらなか った最大の原因は実際の支払いに使えるところが増えなかったからだと思います。 一部ネットショップなどで支払いに使えると話題にはなったものの、私達の普通の 買い物では使えるところはほとんどありません。

これは仮想通貨が強制通用力を 持たないからです。強制通用力と支払いを受け取る側がその通貨を受け取ることを 拒否できない力という意味です。日本で言うと日本円がそれに当たります。日本円 には法令によりこの強制通用力があることで、日本国内では日本銀行券(紙幣)は 無制限に支払いに使うことができるし、受け取る側も拒否することができません。

しかし、ビットコインは支払う側はビットコインで払いたくても、受け取る側が 拒否することができます。そうなると、いかに送金スピードが速いとか手数料が 安いといったメリットがあっても、全ての支払いには使用できない点が解消されて いない現状では日本円に代わることは難しいのです。「バブルだったから」とか 「あんな形のないもの、最初から無理だったんだ」と言った感想よりも賢く見える視点ではないでしょうか。

投稿者: ミカタマン

福岡県出身、熊本在住の普通のサラリーマン。2児の父親です。ニュースを見てひとりで文句を言うのが趣味です。その趣味が高じてこのブログを立ち上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です